焦げつきにくいフライパンの定番:テフロン加工

焦げ付いたフライパンに、砕いた卵の殻と洗剤を入れてゴシゴシ。
ひと昔前、そんなお母さんの姿が、あちこちの台所で見られたものでした。
1940年ごろ、アメリカ、デュポン社が、「焦げつきにくいフライパン」と銘打って発売したテフロン加工のフライパンは、フライパンの焦げつきから、お母さんたちを解放してくれました。
初めて日本で販売されたのが、1950年。
その後ずっと、テフロン加工のフライパンは、キッチンに立つ人の強い味方といえるでしょう。
「テフロン加工」という名称は、実はデュポン社の登録商標です。
調理器具の表面にフッ素樹脂でコーティングすることを、フッ素樹脂加工と言いますが、デュポン社のフッ素樹脂コーティングをテフロン加工とよんでいるのです。
フッ素樹脂加工加工のフライパンを使えば、薄焼き卵やクレープは薄くきれいに焼きあがり、魚のムニエルや餃子もカリッと仕上げることができますね。
しかし、近年、フッ素樹脂の安全性に疑問を持つ人も多いようです。
ここでは、便利なフッ素樹脂加工のフライパンを、安心して使うためのノウハウも紹介します。
「フッ素樹脂加工のフライパンは、便利だけれど、コーティングがはがれやすい」
そうお悩みの方も多いのでは?
正しいお手入れの方法とともに、やや値は張りますが、比較的長く使い続けることができるチタン加工やダイヤモンド加工のフライパンについても紹介します。
毎日使うフライパンだからこそ、納得できるものを選んで、キッチンライフをエンジョイしましょう。

焦げつきにくいフライパンで、快適キッチンライフ

テフロン加工のフライパンは、今やキッチンの必需品となりました。 その焦げつきにくさは、使う人を魅了し続けていますが、安全性に不安を抱く人も少なからずいます。 ここでは、テフロン加工のフライパンのよさだけでなく、安心して使うための方法も紹介します。

チタン加工やダイヤモンド加工にも注目!

フライパンのコーティングには、フッ素樹脂加工以外にも、チタン加工やダイヤモンド加工など、いくつかの方法があります。 チタン加工に代表される金属系加工と、ダイヤモンド加工に代表されるマーブル系加工について、そのよさと使用上の留意点を紹介します。

人気急上昇!チタン製、鉄製フライパン

キッチンの片隅に、鉄製やチタン製のフライパンが眠っていませんか? 表面加工のフライパン人気の陰で、チタン製や鉄製フライパンの人気急上昇中! 安心して使え、長持ちする、というのがその理由のようです。 ここでは、鉄製、チタン製フライパンの魅力に迫ります。